東洋電装の人材育成は、階層別教育を根幹に据えつつ、スペシャリスト社員育成を目指し教育しています。
その育成過程において、若い資格段階では、「テクニカルスクール」「プロダクトスクール」を両輪にスペシャリストになるべく専門能力を学び、役職が付与される当りからは「マネジメントスクール」によりマネジメント能力を身につけていきます。その中で卓越したマネジメント能力を身につけた社員は、上級管理職へと進みます。また、上級管理職を経験する者の中から、TEC Universityで学び、経営能力を身につけ、経営者への階段を上っていく道もあります。
それぞれの育成過程を経ながら、CSRの認識を深め、社会に貢献する人材を育成してまいります。

人材育成システム

経営層から新入社員に至るまで、階層別の教育プログラムを継続的に行っています。時代の変化や多様化するニーズに応えられる人材を育成しています。

人材育成システム(階層別教育)

人材育成「実践的な能力開発システム構築」育成の全体像

プロフェッショナル集団育成から「スペシャリスト」「マネージャー」へ、そして「グローバルリーダー」へと育成していきます。

人材育成「実践的な能力開発システム構築」育成の全体像

グローバル人材の育成

世界で活躍できる人材を育てるため、トレーニー制度と語学力強化を実施しております。

グローバル人材の育成

(1)トレーニー(海外派遣)制度

  • 多角的視野(海外経験)を持った将来リーダーを早期に育成
  • 若いうちに海外現場を知り異文化適応力を身につけて、マネージャー候補として次回の海外赴任につなげる

トレーニー(海外派遣)制度

(2)語学力強化

  • 会社主導の教育から、自発的に取り組む環境へ社内改革を実施(3年計画)

海外幹部の人材育成

グローバル展開企業として、海外の優秀な社員は貴重な戦力になります。この海外の優秀な人材に更に磨きをかけ、グループ全体の力にしていきたいと考え海外幹部の人材育成に努めています。

海外幹部の人材育成