配属はどのように決まりますか?

2016年4月入社の方は、技術系総合職、事務系総合職、熊本工場配属の3コースがあります。
部署・扱う製品は、面接のなかでご本人の希望をお伺いした後、適性や今後のキャリアも踏まえ入社後に配属先を最終決定します。

入社後にジョブローテーションや希望による異動は有りますか?

新規プロジェクトの立上げなどで適切な方に任せる場合や、ご本人のキャリアの幅を広げるためなどで、部門内のみならず部門を超えた異動も有ります。いずれにせよ、ご本人の希望や適性を踏まえ慎重に行います。

国内転勤や他の事業所又は海外工場の赴任はありますか?

技術系総合職、事務系総合職の方は、主にテクニカルセンター(埼玉県鶴ヶ島市)に配属され、熊本工場配属は熊本工場(熊本県玉名郡)に配属となります。その後、本人の希望を重視して、転勤を決めさせていただきます。海外工場へ行く際の語学研修も充実しており、赴任一回につき、3年~5年の勤務期間があります。

入社後の新入社員教育について教えてください。

配属先に関わらず、全新入社員が入社後に約3か月間集合研修を行い、その後配属先での導入教育・OJTが行われます。はじめの集合研修では、東洋電装社員としての基礎、製造技術基礎、部門別の基礎教育の3つの柱を持って集中的に研修しています。製造技術基礎では工場実習も行っており、部品をバラして工程を自ら考案したり、Tier2メーカーや完成車メーカーの見学も含め、ものづくりに携わるうえで必要不可欠な知識を最初に習得できるようにしています。

車やバイクについて詳しくはありませんが、仕事を進める上で何か不都合はありますか?

やはり、車やバイクが好きであればエンドユーザーの思いも汲み取りやすく、アンテナも高くなるため、自然と良い仕事ができることに間違いはありません。ただし、仕事を任せられていくなかで、興味や関心が深まっていくことも事実ですから、特別に必要という訳でもありません。ご本人の仕事に対する情熱次第です。

CADの知識がありませんが、設計の仕事が務まるでしょうか?

大学の専攻で、CADやプログラミングを学んでいれば、学んでいなかった方と比べスムーズなスタートが切れることは勿論ですが、仕事で求められるレベルは、大学卒業時点で習得することは難しく、部門配属後の社内教育のなかで全ての方に学んでいただくことになります。事前に知識が無くても問題ありませんので、ご安心ください。

英語は必要ですか?

海外と関わらない仕事は皆無と思っていただいて構いません。外国語のグローバルスタンダードとも言える英語の基礎力は、入社前に身につけておくことが大前提となります。選考の時点での語学力は問いませんが、是非、卒業までの間に、生きた語学力を獲得できるよう、頑張ってください。
また、東洋電装では海外赴任が決まった方に対して、語学教育を行っており、赴任後も現地の講師とマンツーマンで言語を学ぶ機会を設けています。

東洋電装はどんな社風ですか?

オフィス内は特に仕切られているわけではなく、エンジニアも同じ環境で仕事をしているので、コミュニケーションが取りやすい環境です。また個室のミーティングルームもあり、その中では緊張感のある打合せが行われております。肩書きで呼び合う風土もないので、取締役も新入社員も、全員「さん」づけで呼び合っています。ちなみに同じ苗字の場合は、下の名前で呼ばれたり、あだ名がついてる人もいます。

男性・女性の比率はどのようになっていますか?

研究開発主体のため、理系の出身者が多く、女性は2割弱となっております。しかし女性というハンディは無く、福利厚生も充実していますので、女性エンジニアも多数活躍しています。

採用に関するお問い合わせは下記までご連絡をお願いします。

クリックするとメーラーが起動します。